トップページお知らせ・イベントブログ>「よく飛ぶ紙ヒコーキづくり」を開催しました

お問い合わせ

「よく飛ぶ紙ヒコーキづくり」を開催しました

2019年03月30日

紙飛行機は、幼いころから誰でも遊んだことがある、最も身近な遊びの一つと思いますが、皆さんは紙飛行機のギネス世界記録をご存知ですか?
最も長い滞空時間の記録保持者は日本人で、滞空時間はなんと29.2秒(2010年12月)だそうです。素晴らしい記録です。
さて、水の科学館では、3月23日(土)によく飛ぶ紙ヒコーキづくりを開催しました。
ただの紙ヒコーキではありません。よく飛ぶ紙ヒコーキです。
作り方は、普段の折り方とさほど変わりませんが、遠くまで飛ばすための秘訣が2つあって、1つは重りを前方に付けること。そしてもう1つは翼の角度調整。これがうまくいくと凄くよく飛びます。
完成した人はみんな、すぐに飛ばしたいとはやる気持ちを抑えて隣接する八景水谷公園へ移動しました。
この日は風も少し応援してくれて、どのヒコーキも遠くまでよく飛んでいました。
たくさんご参加いただき、ありがとうございました。
           
前のページへ 次のページへ