トップページお知らせ・イベントブログ>「震災復興イベント」を開催しました

お問い合わせ

「震災復興イベント」を開催しました

2019年04月19日

熊本地震から3年が経ちました。地震により被災した熊本城や道路などは、復旧・復興に向けた工事が現在も進められております。
水の科学館では、震災の記憶を風化させることなく経験と教訓を次世代に語り継ぎ、一人ひとりの防災意識を高めることを目的に、4月11日(木)~17日(水)に震災復興イベントを開催しました。
期間中、健常者及び身障者用のマンホールトイレ(災害時に下水道管路にあるマンホールの上に簡易トイレを設け、使用するもの)や軍手・カンパン・レインコート・手回し充電ラジオ・懐中電灯などの防災グッズ、熊本地震被害状況のパネルなどを展示しました。
ところで、皆さんは災害への備えとしてどのようなものを用意していますか?
防災グッズとして非常用持ち出し袋にラップを用意する人が増えているそうです。というのも災害時にラップがいろいろな用途に使えて便利だからです。
今回はいざという時に便利なラップの活用術についてまとめてみました。
①食事のときにお皿に敷いて、洗い物を減らす
②細くしてひもの代用
③けがをした時の止血として
④寒い日には体に巻けば保温効果
⑤割れたガラス窓の応急処置
このように、いろんな活用方法があります。
皆さんも参考にしていただければ幸いです。

           
前のページへ 次のページへ