トップページお知らせ・イベントブログ>工作教室「まわるぜ!牛乳パック」を開催しました

お問い合わせ

工作教室「まわるぜ!牛乳パック」を開催しました

2019年09月23日

水の科学館では、9月16日(月・祝)に工作教室「まわるぜ!牛乳パック」と称したエコ工作を行いました。
材料は、牛乳パック・タコ糸・割りばしです。
作り方は、まず、牛乳パックを3cm幅に切ったものを3つ準備し、それぞれ円形にしたものを組み合わせ、重なった部分をホッチキスで留めて球体を作ります。
次に、球体の左右に2ヶ所ずつ錐で穴を開け、タコ糸を通して結び、タコ糸の両端には割りばしを付けました。
割りばしを持って、牛乳パックの球体をグルグル回し、タコ糸を引っ張ったり緩めたりを繰り返すと、やがて音を立てて勢いよく回り始めました。
最後の仕上げに、マジックで球体に色を塗ると完成です。
球体の色は思い思いに塗ってもらい、単色の人もいれば、凝って模様を描いたりカラフルに塗ったりする人もいました。
塗り終わった人は、球体を回してどんな色に見えるかを参加者同士で披露し合いました。
今回もご家族で触れ合える楽しいひと時となったのではないでしょうか。
ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

     
前のページへ 次のページへ