トップページお知らせ・イベントブログ>工作教室「水車でうごくふね」を開催しました

お問い合わせ

工作教室「水車でうごくふね」を開催しました

2020年07月04日

水の科学館では、コロナ対策に十分配慮しながら6月28日(日)に工作教室「水車でうごくふね」を開催しました。
今回は、ペットボトル・輪ゴム・発泡スチロールのトレー・竹ひごなど身近にある材料を使い、ゴムの動力で走るふねを作りました。
作り方は簡単で、あらかじめ開けておいたペットボトルの穴に竹ひごを通した後、竹ひごの両端にビーズ玉と水車をつなぎます。
次に、ペットボトルの一部をカッターやはさみで切り、竹ひごの中央に取り付けた金具に輪ゴムをひっかけ、それが取れないように固定し、ペットボトルの先端も同様に固定します。
最後に船体や水車に色塗りをすると完成です。
完成した人から、ふねを水に浮かべて試運転しました。水車を10回ほど指で回し、水面にふねを浮かべて手を離すと、水車が回転してスイスイ走り出しました。
ふねがまっすぐ走り出すと、歓声が上がりました。
持ち帰ったふねをお風呂の中で走らせて喜ぶ子供たちの光景が目に浮かびますね。
ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

     
前のページへ 次のページへ