トップページお知らせ・イベントブログ>工作教室「カイトだこをつくろう」を開催しました

お問い合わせ

工作教室「カイトだこをつくろう」を開催しました

2020年12月24日

水の科学館では、新型コロナウイルス感染症対策を講じながら12月19日(土)に工作教室「カイトだこをつくろう」を開催しました。
用意するものは、ビニール袋・竹ひご・タコ糸・セロテープ・両面テープです。
作り方は、まず、あらかじめビニール袋を三角型の凧の形に切っておいたものの両腕と背骨の部分に竹ひごを両面テープで固定しセロテープで補強します。
次に、両腕を支えるため、背骨となる竹ひごと十字の形となるよう両面テープで固定し、両端をセロテープで補強します(ココが最も取れやすい部分なので入念に補強が必要です)。
最後に、表面の中央にタコ糸を結ぶパーツを両面テープでしっかりくっ付け、それにタコ糸を結び、両端にセロテープで尻尾を付け、名前を書いて完成です。
完成したら、早速カイトだこを持って隣接する八景水谷公園へレッツゴー!!
当日は、朝から霜が降り、凍てつく寒さでしたが、そんな寒さも何のその。子供たちは上着を脱いで公園を走り回り、親子で凧揚げを楽しんでいました。
ご参加くださった皆さん、ありがとうございました。

     
前のページへ 次のページへ