トップページお知らせ・イベントブログ>工作教室「プラバンでストラップをつくろう!」を開催...

お問い合わせ

工作教室「プラバンでストラップをつくろう!」を開催しました

2021年01月28日

水の科学館では、新型コロナウイルス感染症対策を講じながら1月23日(土)に工作教室「プラバンでストラップをつくろう!」を開催しました。
準備するものは、プラバン、ストラップひも、油性ペン、カラーサインペン、下絵用イラスト、穴あけパンチ、トースター、アルミホイル、割りばし、平らな板2枚です。
作り方は、最初、用意しておいたイラストの中から好きなものを選び、それをプラバンの下に敷いて、黒の油性ペンで縁取りします。
次に、プラバンを裏返して油性ペンやカラーサインペンで丁寧に色を塗ります。
色を塗り終わったら、上端に穴あけパンチで1か所穴を開け、トースターに入れる準備をします。
アルミホイルをくしゃくしゃにして広げたものを中に入れ、トースターを予熱したらプラバンを入れます。
ここからがプラバンづくりの肝になるところです。プラバンをトースターで加熱して数秒すると、丸まりながら縮み始めますが、焦ってすぐに取り出さずグッとこらえます。もう数秒待つと丸まったものが平らになって動きが落ち着くので、ここで割りばしを使ってプラバンを取り出します。焼くと元の大きさの約4分の1程度まで縮みます。
最後に、取り出したプラバンを板の上に置き、板で挟んで、熱いうちに上からグッと力を入れて形を整え、粗熱が取れたら開けておいた穴にストラップひもを通して結ぶと完成です。
参加した子供たちは、楽しそうに、そして一生懸命に時間をかけて色塗りし、完成後は世界に一つだけのオリジナル作品を持って、満足げに帰られました。
ご参加くださった皆さん、ありがとうございました。

     
前のページへ 次のページへ