トップページお知らせ・イベントブログ>工作実験教室「フライングカップ」を開催しました

お問い合わせ

工作実験教室「フライングカップ」を開催しました

2021年04月14日

水の科学館では、新型コロナウイルス感染防止対策を講じながら、4月10日(土)に工作実験教室「フライングカップ」を開催しました。
用意するものは、ヨーグルトのカップ2個・竹ひご・輪ゴム・セロテープ・ビニールテープ・はさみ・千枚通しです。
作り方は、まず、カップの底付近の側面に竹ひごが通せるくらいの切り込みをはさみで入れ、竹ひごが外周から5mmほど出っ張るようにして、セロテープでカップに固定します。
次に、2つのカップの底同士を合わせ、周りを3カ所セロテープで仮止めし、その上をビニールテープで外周をぐるりと一周するように貼りますが、竹ひごを固定した出っ張りの部分はビニールテープに千枚通しで穴を開け、竹ひごがビニールテープから顔を出すようにして貼ります。
あとは、コマを回転させるための輪ゴムを3つ繋げたものを作ってフライングカップの出来上がり!
作り方は簡単ですが、飛ばし方が少し難しいです。
竹ひごの出っ張りに輪ゴムを引っ掛け、引っ張りながら3周ほどグルグル巻いたら、持ち手を変えて輪ゴムの先を利き手でない方の親指に引っ掛け、カップを利き手で掴み、斜め45度上方に向けてカップを離すと、クルクル回転しながら宙を舞います。
上手く飛ばすコツは、カップが手に当たらないようにカップを離す瞬間に輪ゴムを引っ掛けている方の手を少し下げることでした。
飛ばす練習を始めてすぐはみんな上手く飛ばせず、何度も何度も練習していました。そして、上手にできた時は「オー」というどよめきと笑顔が見られました。
ご参加くださった皆さん、ありがとうござました。

     
前のページへ 次のページへ