トップページお知らせ・イベントブログ>【行ってみよう!熊本水遺産めぐり】第7弾 ~中無田...

お問い合わせ

【行ってみよう!熊本水遺産めぐり】第7弾 ~中無田熊野座(なかむたくまのます)神社の銘水編~

2021年08月19日

全国的にほぼ全ての地域で、新型コロナウイルスのデルタ株など感染力が高い変異株が猛威を振るい、収束の見通しが立たない状況にあります。
熊本市水の科学館も熊本県のリスクレベルが最上位のレベル5厳戒警報に引き上げられたことから臨時休館しております。
外出自粛で、おうち時間が増えた皆さんに少しでも楽しんでいただければと企画した「行ってみよう!くまもと水遺産めぐり」や「おうちde工作」などのブログを今回の臨時休館中も随時、発信していきたいと思います。
ココ一度行ってみたいな!と思われた方には、コロナ収束後、お友達やご家族などと足を運んでいただけたら幸いです。
今回、ご紹介するのは、「中無田熊野座(なかむたくまのます)神社の銘水」です。
中無田熊野座神社は、熊本市東区秋津3丁目にあり、約400年前に嘉島町の浮島神社を分祀して地区の氏神様となりました。
鳥居のそばには自噴(人為的な力によらず自然に地下から地表に湧出する現象)井戸の水汲み場があり、清らかな水がパイプから常時勢いよく湧き出ています。
2010年には「熊本県平成の名水百選」にも選ばれました。
この水を求めて遠方から汲みに来られている方もいらっしゃるとか・・・。
コロナ収束後に銘水の味を是非味わってみて下さい。

     
前のページへ 次のページへ